初心者リーマン投資家のお気楽“株”日記
初心者リーマン投資家の日々の思い、取引etcを日記にしてみました。狙いは中・長期投資です。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



プロフィール

KUNY

Author:KUNY
27歳 初心者リーマン投資家
レゲエと自然が好きです。
私の考えetcを参考にされる方、
自己責任でお願いします。
※細心の注意を払っていますが、掲載してあるデータには誤りがある場合がございます。
参考にされる際には他の信頼のおけるサイト等で確認をお願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バフェットの教え
お疲れ様です。私の保有銘柄はなかなか好調です。
“バフェットの教え”という本を買いました。長期投資の神様とも呼ばれるウォーレン・バフェット。長期投資を目指していたのに、すでに実践できてない私は必読だと思います。
本を読むというのは一番安い投資ですよね。もし有名な投資家に話を聞こうと思ったらびっくりするくらいの謝礼が必要になりますが、本を読めば千円程度の出費です。今はインターネットでさまざまな情報を見ることもできますし、私も他の投資家さんたちのブログ等を拝見して分析方法等を勉強にしています。
とりあえず本を読んでみていい情報があったらまたお知らせします。

buffett



マンション再生事業
今朝の日経新聞の記事の引用です。

「不動産大手各社がマンションの再生事業を拡大している。社宅を1棟丸ごと改修して新規分譲したり、建て替え時に住戸数を増やして不動産価値を高めたりする。1981年以前の旧耐震基準で建てられた老朽ビルの耐震強化が課題となっており、地価上昇で都心のマンション適地が減少するなか、老朽物件の再生を新事業に位置づけている。
 リクルートコスモスは川崎市で築11年の社宅を大手商社から買い取り、4月から改修工事を始め、三棟・161戸を新規分譲マンションとして売る。業界で過去最大規模の再生案件という。」

まさにというかんじの記事なんですけれど残念ながら“アルデプロ”の名前は掲がっていませんでした。まあ、いっか…^^;
今日は日経平均は下がりましたが私の保有銘柄はいい感じの動きでした。ただこの不安定な相場のなか、明日はどうなっているのかはわかりませんが。外国人投資家も2日連続買越しですし、落ち着いてくれたらいいのですけれど。早く含み損をなくして楽になりたい今日この頃です。

20060222



うどんっ!
20060218142714
私が住んでいるところは四国のうどんがおいしいところです。これはさっき食べてきた“ぶっかけうどん”、麺に薬味をのせてダシをかけて食べます。うどんってなんでこんなにうまいんでしょう。私の地元ではモーニングうどんや、年越しうどんなんて文化もあります。異常ですね(^o^;

アルデプロ購入
昨日は“アルデプロ”を186,000円で購入しました。
下がるのを待っていたのですが、数日前ほど下げることはないかなと思い、購入してしまいました。
しかし、GDP発表があり、市場は堅調に推移してもいいと思えるのですが、量的金融緩和の解除などがあり外国人投資家は売りこしているみたいですね。もしこの状態が数ヶ月も続くのならば非常に厳しくなると思います。

次の銘柄は?
今日も日経平均は波乱ですね。前場はNYの影響で順調だったのに、後場はまた下げる展開でした。中・長期を目指す投資家としては、ここでじっとしておくか、何を買えるかが重要になってきますよね。単純かもしれませんが、私の考えは押し目買いです。
今悩んでいるのが、“東誠不動産”か“アルデプロ”です。どちらも不動産関連で好業績、さらなる飛躍が期待できる企業ですが、両方を購入するのは余力的に不可能ですので、どちらかにしぼりたいと思います。
なんと、“8923東誠不動産”と“8925アルデプロ”なので、四季報を開けば、見開きで左右に掲載されていました。これは見やすい!(笑)
どちらもEPSは同じくらい、これから3年間の中期経営計画も同じくらい。PERを見ると“アルデプロ”が割高です。
中期経営計画の特徴は以下の通りです。(本当にさわりだけですが)詳しくは各社HPで公開されています。

“アルデプロ”
中古マンションマーケットにおけるリーディングカンパニーを目指す
ネット販売、営業所展開等の販売網強化

“東誠不動産”
企業収益の増大と経営品質の向上
REITの上場

私見評価では、“アルデプロ”の方が中古マンション開発に的を絞っているため魅力的に思えます。“東誠不動産”はREITがどう左右するかによって大きく変わってくると思われます。利益率は良いので当たれば大きいと思いますが、ライバルは多いと思います。仮にREIT部門がある程度成長したとすれば、またその後の計画が難しいと思います。
悩ましいところですが、割高ながら“アルデプロ”に魅力を感じます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。